16年間ありがとうございました

今回の選挙で、若手の共産党議員2人 にバトンタッチができて、ほっとした 気持ちです。この16年間、市民の皆さ んに支えられて何とか議員の仕事を務 めることができ、本当にありがとうご ざいました。

「トヨ子通信」誕生

議員になって何から始めるべきかと 考えたとき、まず市政や議会のことを お知らせすることと「トヨ子通信」が 誕生しました。(4期目から「トヨ子& としやの市政報告」)そして多くの皆 さんに「トヨ子通信」を読んでいただ き、少しでも市政に目を向けてもらえ てよかったと思っています。

荒崎水害問題に取り組んで

議員になる1年前に荒崎水害が起きま した。大谷川を挟んで東側の住民は犬 と散歩する日常の生活が営まれている のに、西側は床上浸水で大変な思いを している実態を目の当たりにして、そ の異常さを実感。16年経てようやく差 別的な水害対策が解消される見通しと なりました。ここで学んだことは、議 員一人であっても住民の皆さんと一緒 に運動することで勝利す ることができるというこ とでした。

議会改革で共闘

3期目からは「市民ネットワーク」 の会派と統一会派を組み議会改革に取 り組んできました。グリーン車問題な ど税金の無駄使いにメスを入れるなど、 市民の利益になるためには、立場の違 う人々とも要求を一致点に手を組むこ との重要性を感じています。

共産党よろづ相談所開設

「今後は何をするの?」と聞かれま すが、議員の経験を活かして、共産党 西濃地区委員会に「共産党よろず相談 所」を設置して、相談活動を行う予定 です。生活相談の他、子育てや子ども の発達相談、その他労働問題や医療・ 介護・法律・教育等、専門分野とのネッ トワークを生かして、なんでも相談を 行おうと思っています。気軽にお越し ください。

スポットおおがき2019.3.22

3月議会終了 笹田議員・20議案に反対討論

「垣老」継続の命「後期高齢者医療自己負担2割」反対する請願を採択せず

  2019年度予算等を審議した3月議会が20日本会議で終了しました。今議会の特徴は消費税増税関連議案が提出され、 市民からは「消費税増税中止を求める意見書」の提出を求める請願が出され、その結果は不採択となりました。私 は、消費税増税関連の議案など20議案に対して反対討論を行いました。

 大垣市議会議員 笹田トヨ子 中田としや

2/8「平和でなくちゃ」宣伝行動しました

  2月8日、大垣市内で、「ぎふコラボ法律事務所後援会」と女性後援会「ミモザ花の会」が共同で宣伝行動を行いました。
 県会議員候補者笹田トヨ子氏を先頭に、市会議員候補者中田としや氏、はんざわ多美氏もそろってマイクをにぎり、共産党の躍進を訴えました。
 この宣伝行動のために、「平和でなくちゃ」の文字がカラフルにデザインされた 大きなマグネットシールを用意し、宣伝カーと3台の車の側面にはりつけて走り、演説場所では、そろいのピンクのウィンドブレーカーを着た後援会員の方たち15人が看板やのぼり旗をもって元気にアピールしました。
 大垣駅付近やショッピングセンター前など6カ所で訴えると、市民からは、選挙本番と同じように足を止めて訴えに耳を傾ける姿や、車から手を振る市民も多くみられました。