「選挙」カテゴリーアーカイブ

選挙戦を振り返って

 今回の選挙は乳母車で街中を歩いて辻説法を行なってきました。あちこちで私の話を聞いてくださり、手を振ってご声援をいただき、大変励まされました。
 今回はどうしても「2議席」が欲しかったので、厳しい選挙でしたが実現し、大変嬉しいです。本当にありがとうございました。
 これで大垣からも暴走する安倍政権に対し「NO」を突きつけることができ、また大垣市議会をもっと市民に開かれた場にしていくため、中田としや氏と二人で全力をあげて頑張ります。

20年ぶり2議席 議案提案権獲得へ

 4月26日投票日で行われました大垣市議会議員選挙において、日本共産党は笹田トヨ子1925票、中田としや1896票を獲得し、20年ぶりの2議席獲得となりました。
 ご支持、ご支援頂きましたみなさま、本当にありがとうございました。
 議案提案権を得ることができました。今後はよりいっそう、みなさまの声を議会に届けていくことができます。
 公約実現に向け、二人でがんばります。
 今後ともよろしくお願い致します。
 笹田トヨ子
 中田としや

いっせい地方選挙の月 笹田トヨ子は「安倍政権No!」を訴えます

戦争立法突き進む安倍暴走政治 地方選挙で厳しい審判を

地方議会選挙は国政への国民の評価をう かがうものとして、多くの国で注目されて います。 世界を駆け回って利益を求める大企業の 動きを助け、アメリカにしたがって「戦争 のできる国」にしようとする安倍政権は、 歴代の自民党政権とも異質の「危ない政権」 になっています。

日本共産党は安倍暴走政治にストップを かける草の根からの力を強めるために、県・ 市・町議会で一人でも多くの共産党議員を 当選させていただくことを訴えています

衰退加速の「地方創生」か 地方再生の道への転換か

―ここにこそ真の「自共対決」が―

安倍政権は、長年の自民党政治が招いた 地方の衰退への反省もなく、「地方創生」 「アベノミクスの地方への波及」などと言っ ています。しかし、消費税再増税・社会保 障切捨て・雇用破壊・TPP推進では地方 衰退を加速させるだけです。

日本共産党は次の四つの対決点を掲げ、 住民の皆さんと力を合わせて真の地方再生 に取り組みます。

① 国の悪政を住民のくらしに持ち込まず、 自治体がくらし・福祉・子育てを守る「防 波堤」の役割を果たす。

② 大企業「呼び込み」・大型開発依存の 破綻した経済政策でなく、地域の力を生か す産業振興に転換する。

③ 被災者支援・復興、防災・減災を最優 先ににし、災害から住民の命と財産を守る

④ 地方の衰退を加速する「集約化」をせ ず、住民自治と自治体機能の再生を図る。