「Stop!戦争法案」カテゴリーアーカイブ

市民+野党で連合政府へ

「戦争法廃止」をめざして全国 で野党共闘が進み、32の一人区 ではすべて野党共闘が成立しまし た。この岐阜選挙区でも関係者の 粘り強い話し合いの末、市民組織 総がかり行動実行委員会と民進・ 共産・社民の3野党でピース・ハー ト岐阜を結成し、民進党の小見山 よしはる氏を統一候補として決定 しました。

参議院1人区すべての統一候補 実現を受けて、もう黙っとれん西 濃アクションでは、5月31日午 後6時から大垣駅南口で「投票に 行こうよ緊急アクション」を開催。 参加者60名は、手に手にピース ハート岐阜のエンブレム入りのボー ドを掲げて駅を降り立った人々に アピールをしました。

Ogaki駅前

戦争法廃止にむけて、統一署名にご協力を

 安倍自公政権は憲法違反の「平和安全保障関連法」(戦争法)を強行成立させましたが、その後も多くの人々は廃止のため動き出しました。この大垣でも「私たちは決してあきらめない!」と戦争体験者の方々が、「戦争法廃止のため更なる共同を」と呼びかけています。また、子育て真っ最中のパパ・ママたちも「この時代に子育てするものとして、安保関連法が怖くてたまらない」と戦争法に反対し続けています。また、18才選挙権を手にした高校生、「友達に働きかけていく」と決意しました。
 「戦争法の廃止のため、私たちは何をすればよいか」という問いかけがあります。戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会の「戦争法の廃止を求める統一署名」にご協力ください。
 実行委では、2000万人署名として提起していますが、国民の5人に1人の割合になります。思い切ったはばひろい方々の署名参加が必要です。ぜひ、みなさんの声を署名に託すとともに、周囲の方に勧めてください。来年の5月3日の憲法記念日統一集会に最終署名数を発表して、国会・政府に届けることになっています。
 以下の連絡先に電話をくだされば、署名をいただきに行きます。切手代をカンパして下さる方は郵送してください。
連絡先:日本共産党西濃地区委員会 ☎78-6865

8.30もう黙っとれん西濃アクション ~養老鉄道に乗って平和を叫びました~

平和10万人国会包囲行動と全国100万人行動の呼びかけに応え、「もう黙っとれん西濃アクションon養老鉄道 ~養老鉄道に乗って平和を叫ぶ 西濃平和キャラバン第一弾~」開催。

8月30日10時、雨が降ったり止んだりのぐずついた天気の中、「安倍やめろ」「9条壊すな」のポスターカードを持って大垣駅南口に集まりました。そこで戦争法案反対のアピールを行った後、養老鉄道に乗車、そして養老駅前、続いて駒野駅前でアピール行動が行われました。

IMG_4345
大垣駅前

IMG_4358
養老駅前

IMG_4385
駒野駅前

天気が悪いのにもかかわらず、およそ100人の人たちが参加、私も家族とともに大垣駅、養老駅前でアピール行動を行いました。

戦争は人々の生活を根底から崩してしまいます。日本が他国の戦争に参加してからでは遅いです。

今、戦争法案の審議は、とても重大な局面にきています。この法案を廃止に追い込むため、できる限り声を上げていきます。

IMG_4379

IMG_4380

IMG_4351

↑戦争法案廃止を訴える横断幕

一斉行動の呼びかけ 8.30もうだまっとれん西濃アクションON養老鉄道

~養老鉄道に乗って平和を叫ぶ  西濃平和キャラバン第一弾~

■日時: 2015年8月30日(日)
■大垣駅発の養老鉄道に乗って大垣駅前(JR大垣駅南口側)・養老駅前・駒野駅前の各駅前で「戦争反対」「9条まもれ」のポスターを掲示し、リレートークをします。
■どの会場に参加するのも自由です。
現地集合歓迎

IMG_4344

WS000006

 

もう黙っとれん西濃アクションのページは以下のURLから
http://seinou9jou.seesaa.net/

戦後70年を迎えた8月15日

戦後70年を迎えた8月15日、中田議員と私は戦没者・戦災死没者追悼式のあと、市内4か所で街頭宣伝を行いました。

前日、安倍首相は「戦後70年談話」を発表しましたが、「侵略」「植民地支配」「おわび」といった言葉はあるものの、安倍首相自ら侵略戦争と認めた言葉はなく、何か人ごとのような内容で、心から謝罪したものとは感じられませんでした。

街頭宣伝では、安倍政権が「戦争法案」を出してきた背景には、先の大戦についてしっかりと戦争責任を明らかにしていない歴史認識の問題があることや、「積極的平和主義」と称して戦争できる国づくりする安倍政治の問題を訴えました。

 市内の店主の方は「平和の名のもとで戦争をするのはどう考えても理屈にあわない」「戦争に行くなら、安倍さん、真っ先に行ってくださいよ」と話しておられました。全くそのとおりだと思いました。

大垣でも「ぞうれっしゃ」を走らせよう!

戦争が終わった後、生き延びた2頭のぞうを見るために、全国各地から「ぞうれっしゃ」で子どもたちが東山動物園に来ました。このお話、「ぞうれっしゃがやってきた」の合唱曲として歌い継がれてきました。この「ぞうれっしゃ」のお話は、戦後間もない時期に、子どもたちの願いを正面から受け止めた、その当時の人々の戦後民主主義が花開かせた実話です。
今年は戦後70年、平和を願って各地で「ぞうれっしゃ」が歌われています。この大垣でも「ぞうれっしゃ」を歌うとりくみが進んでいます。みなさんも参加しませんか?
この合唱曲を作曲した藤村記一郎さんが「ぞうれっしゃ」が生まれたお話と「ぞう5000プロジェクト」の取り組みをお話していただきます。是非、ご参加ください。
日時: 7月7日(火)午後6時~7時

場所: どろんこ子どもクラブ 
    大垣市新田町1-7 大垣市民会館東

よびかけ: ぞう5000プロジェクトおおがき準備会

戦争法案反対・平和・自由・いのちを守る もう黙っとれん西濃アクションに400人

戦争法案反対の声が急速に広がってい ます。

7月2日、大垣駅北口広場で「もう黙っ とれん、平和・自由・いのちを守るコン サート」が行われ、400人が集まりま した。

ヒップホップやフォーク等の音楽の間 に、若いお母さん達、高校生、元自衛隊 員の家族、法律家、宗教者、西濃地域の 市町議会議員が戦争法案に対するリレー トークを行いました。 この中には、6月議会で戦争法案に対 して慎重審議を求めた意見書を全会一致 で出した海津市議会議員の皆さんや輪之 内町議会議員の発言がありました。

もうだまっとれん

 

 

6月議会:大垣市議会で「戦争法案の 慎重審議を求める請願」が自民・公明・民主の反対で不採択になる

大垣市議会最終日の6月15日、「安全保障法案に対する慎重審議を求める意見書」の請願に対して、自民・公明・民主は不採択共産党、市民ネットワークは賛成しましたが、不採択になりました。民主ネットは「安全保障法案の廃案を求めているので慎重審議の意見書には反対」と請願に反対しました。

この請願を審査した「建設環境委員会」で、自民ク岩井議員は「尖閣諸島等領土問題があるので集団的自衛権が必要」と発言し、慎重審議を求めた請願に反対、賛成少数で不採択になりました。

私、笹田は「建設環境委員会」の不採択に対して、本会議にて反対討論を行いました。

安倍政権が提出した安全保障法案は、憲法審査会で違憲と指摘され、また国民世論においても、今国会で決めることに反対が8割をこえる状態になっているなか、慎重審議を求めた意見書は市民の思いを反映したものと思います。

建設環境委員会での岩井委員の発言は、尖閣諸島や竹島など周辺諸国との領土問題を理由に集団的自衛権は必要というものでしたが、これには岩井議員の認識と大きな違いがありますので発言することにしました。

たしかに日本は領土問題を抱えていますが、集団的自衛権で対応する問題ではありません。平和外交のもと話し合いで問題解決するのが基本ですが、仮に武力的な介入があった場合は個別的自衛権で対応できるものです

集団的自衛権は、日本が他国から武力攻撃を受けていなくても、同盟国の戦争に自衛隊が出ていって参戦できるようにするというものです。これは他国の戦争で自衛隊員を死なせてもいいのか問われる問題です。ですから集団的自衛権は憲法9 条に違反し、歴代の自民党の首相も認められないという立場をとってきました。

安倍政権は、閣議決定で9条の解釈を変えました。それに基づいた安全保障法案は憲法違反といえます。また、最高法規の憲法をまず守らなければならないのが首相です。これを解釈だけで変えるというルール違反を首相自ら行なった点で、手続き的にも違憲であるといえます。

このような意見も含め、多くの人々は不安を感じ、慎重審議を求めているのです。以上の理由で、請願を不採択した決定に反対します。

みんなの力でくい止められる! 戦争立法を加速させる安倍政権の暴走

いっせい地方選挙の熱も冷めない4月30日未明、、安倍首相は米両院合同会議で「世界の平和と安定のため、これまで以上に責任を果たす。そのために必要な法案の成立を、この夏までに必ず実現します」と誓ってみせ、国民の心を一気に冷えさせました。

思わせぶりな疑問を投げてみせた公明党も5月11日には全条文について最終合意し、14日に閣議決定。26日から衆院本会議で審
議入りしました。

~平和・自由・いのちを守る~もう黙っとれん5.17パレード@ぎふ700人が怒りのパレード

「戦争法案」に対する国民の怒りは強く、各紙の世論調査では55%が今国会成立に反対しています。連日のように各地で反対集会が開かれていますが、岐阜市では、5月17日(日)、「もう黙っとれん 5.17パレード@ぎふ」が開催され、700人が安倍暴走政権にストップをかける元気な声を響かせました。

戦争法案の慎重審議を意見書採択もとめる
新日本婦人の会

また、いっせい地方選挙で新議員も加わった6月大垣市議会で、新日本婦人の会が提出した「安全保障法制法案に関する意見書
採択を求める請願書」(紹介議員笹田トヨ子)の取り扱いをめぐって、建設環境委員会〔6月11日(木)10時~〕に付託されました。

請願書は、安倍総理大臣と衆参両院議長に対する意見書として「(法案は)戦後長きにわたって専守防衛に徹するとした我が国のあり方を大きく変えるものであって、・・・3ヵ月以内に一挙に成立させようとするには無理があり・・・今国会で成立させることなく、国民的論議を十分尽くすこと・・・」を求めるもので、すべての会派が賛同できる案になっています。各会派の良識ある判断が注目されます。